戸建てリノベーション

1階と2階で2世帯が暮らす木造戸建てのリノベーション。
子世代夫婦のお子さんが増えたことにより、もともと親世代が暮らしていた2階と1階の入れ替えをすることになり、それに伴い2階部分を大幅にリノベーション。間仕切り壁があった位置の柱や筋交いは、そのまま残すことでかつての住まいの記憶も残しつつ、リビングとキッチンをゆるやかにゾーン分けしている。また屋上にルーフバルコニーを新設して、リビングの天井の一部を吹き抜けにすることで、全体として非常に明るく、風通しと開放感のある空間となっている。